スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
YSTのSEOで良くある勘違い

YSTのSEOで良くある勘違い

最近YSTのSEOについて質問のメールを良く頂きます。YSTのSEOで一番大切なのはキーワードの選択です。

あまりにもメジャーなキーワードを選択したいのは、当然でしょう。しかしYSTのSEOをやるなら、メジャーで無いキーワード、そして、YAHOOカテゴリーに無いキーワードの選択が必要です。

例えばYST単体で見た場合、seo_yst.pdfとちゃんとSEOの効果が出ています。しかしYAHOOカテゴリーには載せていないので、こちらには表示されません。(5.25万円はもったいない(笑)でもいっぱい人は来てくれるので問題無し)

じゃあYSTのSEOはどうしたらいい?

別に難しくありません。某SEO業者が、「マトリクスSEO」なんてかっちょいい名前をつけていましたが、関連するキーワードの組み合わせで、入り口を増やし、出来るだけYAHOOカテゴリーに近い線で切り離してやることです。勿論SEOはかけているわけですから、Googleなどでも表示される回数は多くなります。この状態からYAHOOカテゴリーへ予算に余裕があれば資金投入すればほとんど掲載されるはずです。

つまりYSTのSEOは、扉ページでは不利

ということです。扉ページのSEOは、1つの入り口しか確保しません。カッコイイ「Matrix SEO」にしましょう。入り口が増える→コンテンツが充実する→さらに訪問者が増える→商売繁盛と、「人の集まる所に、ビジネスは発生する」といった簡単な図式が生まれ始めます。

| SEO YST対策 | 15:25 | comments(17) | trackbacks(0) |
<< | 2/2PAGES |