<< YSTのSEOで良くある勘違い | main | Su-jineさんおめでとう!& SEO情報 早い者勝ち! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
SEO付けてはいけないタイトル名

SEO付けてはいけないタイトル名

こんばんわおひさしぶりです。このSEO-BLOGを書き出してから急に、大変お仕事を沢山頂けるようになりました。この為SEOマニアの皆さんへのSEO情報提供が遅れ、大変申し訳無く思っています。ほんとBLOGパワーは恐ろしいですね。皆さんもぜひSEO-BLOGでノウハウを蓄積し、SEOスペシャリストになってください。

さて今回の話題、SEOで付けてはいけないタイトル名=ほとんどの方がサイト名だと思いますが、

SEOを考えるなら、「e- (いー、はいふん)」はやめたほうが無難

これはなぜかと言うと、本来Googleでは、http://www.google.co.jp/intl/ja/help/refinesearch.html で、

  • フレーズ検索

    引用符 " ……." を使用することによりフレーズを検索できます。
    検索結果のすべてのページには、" …….." で囲まれた言葉が文中に並んでいるページだけを検索します。フレーズ検索は、ことわざや特定の固有名称を検索するのに便利です。頻繁に使われる文字や単語を含む場合は、ストップ語の
    " +" 記号が必要になります。(" +" 記号の詳細はストップ語を参照して下さい。)


    ハイフン (−)、スラッシュ ( / )、ピリオド ( . )、等記号(=)および アポストロフィ( '
    )は、フレーズ内の接続記号として認識され、引用符の"……."と似たフレーズ機能を持ちます。例えば、mother-in-lawは、全体を引用符で囲まなくても、3語のフレーズとして扱われます。


と書かれていますが、こぐ一部「e-※※※日本語※※※」の組み合わせのタイトルを付けた場合、検索結果が反映されず、


  • e-※※※日本語※※※に該当するページが見つかりませんでした。

    検索のヒント

    - キーワードに誤字・脱字がないか確かめてください。

    - 違うキーワードを使ってみてください。

    -
    より一般的な言葉を使ってみてください。

とケッチン食らうバグを見つけてしまいました。(実は私がやられました(笑))

ハイフンを抜いて検索すれば、問題ナシに表示されます。しかしSEOをやる方なら、事前にこのようなタイトル名は避けた方が無難ですね。つまりどうせならドメイン名もe-は付けない方が後々有利な展開になる可能性も出てきます。単なる偶然の文字列の組み合わせが悪かっただけなのですが、知っていて損は無いSEO情報でした。

| SEO、SEM | 00:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 00:13 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://seo.jugem.jp/trackback/23
トラックバック