<< 祝!「SEO BLOG」でGoogle1位 | main | YSTのSEOで良くある勘違い >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
SEOの勘違い

SEOの勘違い→キーワード1つに特化しないこと

SEOで良く勘違いされるのは、まず1つのキーワードにとらわれすぎて、回りが見えなくなってしまうことです。

私が、一般のHTML向けに、このSEO-BLOGを書き、無料BLOGサービスの特化した、SEO BLOGで検索エンジン上位表示させたい人のBLOGを書く理由は、本業のSEO-Zのホームページを、SEO、BLOG、CMS、XOOPSなどに関連付けさせたいのも理由の1つです。

本来私の本業のホームペーシは、「ホームページ制作」というキーワードでしかSEOをかけていませんでした。勿論SEOの効果はありますが、そんなにアクセスがガンガン上がるなんてありえません。つまりSEOの効果はあっても、肝心の顧客誘導にならず、単なる自己満足になってしまいます。そこでどのような仕掛けがしてあるかと言うと、本来のSEOの目的である「キーワード+関連するキーワード」でのSEOも施してあります。

入り口が増えるSEOが意義あるSEO

つまり、例えばあなたのサイトが日に10アクセスだとします。この入り口を10倍に増やせば、10×10の100アクセスになることは誰にでも解る事です。あなたが頑張って100アクセスの数字が稼げるようになれば、100×10の1000アクセスのホームページに生まれ変わるのです。SEOてすごいでしょ(笑)。90アクセスの差が、910アクセスになって帰って来ます。簡単なんです。100アクセスのホームページは1日してならず、しかし全てにSEOを施す事により、効果の高いSEOになります。SEOによって入り口を増やす。10アクセスのホームページは簡単に作れるはずです。これが本当のSEOです。

扉ページによるSEOは、先に書いた最初の10アクセスを増やすのが目的です。1つのキーワードに特化するために、検索エンジンの上位に上がるけど効果があまりない。こんなのは寂しいばかりですね。

| SEOの勘違い | 01:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 01:12 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://seo.jugem.jp/trackback/20
トラックバック